家作りの第一歩はココから!

プレハブ住宅を建てるにあたって

住宅の工法は「木造軸組工法」、「ツーバイフォー工法」、「鉄筋コンクリート(RC)工法」、そして「プレハブ工法」の4種類に大別可能です。プレハブ工法で建築された建物…すなわちプレハブ住宅も更に「鉄骨系プレハブ工法」、「木質系プレハブ工法」、「コンクリート系プレハブ工法」、「ユニット系プレハブ工法」の4種類に分類することができますが、いずれにしてもプレハブ住宅の需要は年々高まっています。

 

あらかじめ決められたデザイン、仕様の中から選ぶプレハブ住宅は自由性に乏しいと言うデメリットも抱えていますが、部材の大半を工場で加工することから現場での施工ミスも少なく、短い工期で仕上げられる、と言う魅力も備えています。実際に住む人間にとってはもちろん、作業する側、責任者にとっても施工ミスほど怖いものはありませんから、デザインやプランが制限されるとは言えプレハブ工法で住宅を建てるメリットは大いにある筈です。

 

ここでは住まいの基礎知識としてプレハブ工法も含め、木造軸組工法、ツーバイフォー工法、鉄筋コンクリート(RC)工法について簡単に説明し、プレハブ住宅の歴史や現状、可能性や将来性、問題点なども深く掘り下げていきたいと思います。

 

そして鉄骨系プレハブ工法、木質系プレハブ工法、コンクリート系プレハブ工法、ユニット系プレハブ工法と4種類のプレハブ住宅に関し、それぞれの特徴と完了までのプロセスをご説明した後、部位ごとにチェックすべき建築後のアフターサービスもご紹介します。

 

住宅はある意味消耗品でもありますから、建築後どこまでの範囲がアフターサービスに含まれるかもしっかりチェックしなければなりません。

 

例えば屋根も年月と共に変形しますし、たわみも激しくなりますが、こういった劣化に対し何年まで保証して貰えるのか、事前に細かく確認しておく必要があります。同じ屋根のメンテナンスでも住人の歩行などが原因で引き起こされた変形、設定時には予定していなかった想定外の設備を屋根に載せてしまった場合なども保証対象外とされてしまいます。建てた後のことも踏まえ、プレハブ住宅に関してじっくり学びましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市